Never give up!英語上達完全マップをTOEIC900点取るまで継続するブログ

Never give up!英語上達完全マップをTOEIC900点取るまで継続するブログ

30過ぎ、既婚、子持ち、会社員の私が英語上達完全マップに沿って英語学習を「やっている」ブログです。TOEICスコア:開始時、465点。今、805点。英語学習の内容や時間を細かく記録することで、「何をどの程度やれば、どれくらいの英語力がつくか」、学習量と結果の相関性について、一つの実例になれればと思っています。

【祝・2年継続】30代普通のサラリーマンが英語上達完全マップに沿って英語の勉強を2年間継続できた話

f:id:eigo_study_kanzen:20200210235141j:plain

 英語の勉強をはじめて2年経過 

2年前の今日、2018年2月11日。

記録によると、その日の寝る前に40分間「どんどん話すための瞬間英作文」をしたのが、私の本格的な英語学習のスタートです。

あの日、英語の勉強をはじめて、今日でちょうど2年経ちました。

1年目は1,216時間、2年目は1,047時間で、合計2,263時間勉強しました。

記録を振り返ったところ、この2年間で英語の勉強時間がゼロという日は14日だけでした。

1年目

年間勉強時間

年間勉強時間(2018.2.11~2019.2.10)

2年目

f:id:eigo_study_kanzen:20200210235914j:plain

年間勉強時間(2019.2.11~2020.2.10)

2年間勉強してきて、現状としては、やっとTOEICで800点を超えることができて、オンライン英会話をスタートさせたところです。まだまだ道半ばでございます。

eigo-study-kanzen.hatenablog.com

 2年間、英語の勉強を継続できた要因

記録魔になること

過去記事でも書きましたが、私は自分の学習時間をGoogleスプレッドシートで管理しています。自分の1日をかなり細かく場面ごとに分け、分けた場面ごとに何分学習できたかをすぐ記録しています。これを2年間、毎日記録しているので、私のスプレッドシートは大変な長さになっています。

私のこれまでの英語学習の軌跡 - Never give up!英語上達完全マップをTOEIC900点取るまで継続するブログ

f:id:eigo_study_kanzen:20181225213322j:plain

これは勉強時間の記録ですが、それ以外のことも大事に記録していっています。勉強時間以外にも、私が記録しているものはこういった感じです。

・毎月の学習内容

毎月1日に前月の学習内容をブログにまとめています。

英語学習月ごとの振り返り カテゴリーの記事一覧 - Never give up!英語上達完全マップをTOEIC900点取るまで継続するブログ

・多読の総語数

多読王国というサイトで、自分が読んだ本を登録し、総語数をカウントしています。

多読王国-タドキストの冒険の世界-

f:id:eigo_study_kanzen:20200201152706j:plain

TOEICを受験した感想

TOEIC受験直後に感想をブログにまとめています。受験直後というのが肝です。基本的には受験して、帰宅後にすぐ書きます。内容は大したものじゃなく、「塗り絵を5問してしまった」とか「リスニングのPart3が難しかった」とか、そういった感じです。

【2019年12月15日実施】第246回TOEIC公開テストを受験しての感想 - Never give up!英語上達完全マップをTOEIC900点取るまで継続するブログ

・感情が動いたできごと

感情が動いたできごとを「できごと日記」として記録しています。詳しくは過去記事に書きましたが、プラスでもマイナスでもどんな感情でも大きく心を揺さぶられたできごとはうまく使えば自分のモチベーションの燃料になります。

できごと日記のススメ - Never give up!英語上達完全マップをTOEIC900点取るまで継続するブログ

 

「そんなのいちいち記録するの面倒くせえよ!!」という方が多いと思いますが、記録は何かを継続する上で、欠かせないものだと思います。

多くの人が経験上、感じている通り、継続は難しいものです。

「なぜ人は継続できないのか?」についてシンプルに考えると、「頑張っても、すぐに成果がでないから」じゃないかと私は考えます。

野球の素振りの練習でも、素振りを頑張った翌日にホームランが打てれば、皆毎日素振りの練習を継続できる。でも実際は素振りを1,000回しても試合で全打席三振ということもある。頑張っても、全く成果が出ない。そんな日が続くと、もう止めようとなるのも自然な流れです。

でも、記録魔になって多くのデータを記録しておくと、一見すると成果が見えない状況であっても、少しずつでも着実に前に進んでいる実感を感じることができます。

 

TOEICを継続的に受験

私は2年間で8回TOEICを受験してきました。

やはりスポーツもそうですが、ずーっと練習ばかりでは緊張感に欠けてしまいます。定期的に本気の試合をしないと気持ちの張りを保てません。

定期的にTOEICを受験していると、学習内容を見直すきっかけになるし、間違った方向に進んでいる時は早めに気付けて修正ができます。

また、「記録魔になること」のところで書いたように、少しずつでも着実に前に進んでいる実感を感じるためという意味もあります。

受験月 スコア
2018年5月 675(L330,R345)
2018年9月 640(L325,R315)
2018年12月 700(L370,R330)
2019年3月 785(L365,R420)
2019年6月 765(L370,R395)
2019年9月 750(L380,R370)
2019年11月 775(L385,R390)
2019年12月 805(L425,R380)

本気で英語を話せるようになりたいと思っている

最終的に、精神論になってしまいますが、私は本気で英語を話せるようになりたいと思っているから継続できているのだと思います。これまで私は色々なことを継続することができずに止めてきました。ギターも止めた。ランニングも止めた。

そんな私が今、英語を継続できているのは私の「継続の能力」が向上したわけではなく、本気だからです。裏を返せば、ギターやランニングは本気ではなかったのです。

細かい継続のテクニックは色々ありますが、根幹には「本気かどうか」にかかっていると思います。

 

私の好きなモチベーション動画の一つを紹介します。 

動画で出てくる「息をしたいと思うのと同じくらい強く成功したいと思えたらそこで初めて成功できる」という言葉は、真実だと思います。

 
成功するために必要な3つのこと

息をしたいと思ったのと同じくらい強く成功したいと思えた時、はじめて成功する。

喘息の発作が起きると呼吸が浅くなり息が苦しくなる。

その時、君は息をすること以外何も考えられなくなる。

バスケットボールの試合も気にならないし、見ていたテレビも気にならない。友達との電話も気にならないし、パーティー中でも考えることはただひとつ。

ただ息をしたいと思うこと、それだけだ。

もし、そのレベルまで行けたのなら。

息をしたいと思うのと同じくらい強く成功したいと思えたらそこで初めて成功できる。

1年前に書いたことを達成

実は、1年前の今日、1年継続記念の記事を書いていて、その時にこんな風に書いていました。1年前の自分に「お前、ちゃんと達成したぞ」と言ってやりたい。

まだTOEICで胸を張れるほどの成果は出ていませんが、とにかく継続することが大事だと思っています。来年の今日、2020年2月11日に【祝・2年継続】の記事をこのブログで書けるように今後も英語の勉強を継続して頑張っていきます。

eigo-study-kanzen.hatenablog.com

  

 

まだまだ英語を話せるようになるという目標には全く到達できていませんが、とにかく継続することが大事だと思っています。来年の今日、2021年2月11日に【祝・3年継続】の記事をこのブログで書けるように今後も英語の勉強を継続して頑張っていきます。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ

↑ポチっとしていただけると、うれしいです。↑

 

2020年1月の学習振り返り

【1月の学習時間】

2020年1月の学習時間は88時間でした。11月、12月はともに50時間程でたるんでおりましたが、少し立て直すことができました。その要因としては、休日は午前中からモスに籠ることにしたのが大きいです。

2018年2月からの総学習時間は2,226時間になりました。

2018年から2年間勉強を続けることができました。英語力はまだまだなので、引き続き頑張っていきます。

実施月 学習時間
2018年2月 61h
2018年3月 123h
2018年4月 102h
2018年5月 100h
2018年6月 65h
2018年7月 63h
2018年8月 65h
2018年9月 100h
2018年10月 123h
2018年11月 120h
2018年12月 160h
2019年1月 101h
2019年2月 82h
2019年3月 61h
2019年4月 122h
2019年5月 126h
2019年6月 100h
2019年7月 86h
2019年8月 88h
2019年9月 103h
2019年10月 78h
2019年11月 58h
2019年12月 51h
2020年1月 88h
2,226h


【学習内容の振り返り】  

 ・Ankiでボキャビル

f:id:eigo_study_kanzen:20200201151834j:plain

f:id:eigo_study_kanzen:20200201151900j:plain

f:id:eigo_study_kanzen:20200201151916j:plain


・音読パッケージ 

中級 パッセージ13〜30 1サイクル目 ※1~30で1セグメントとした

中級 パッセージ 1〜24  2サイクル目

 

・多読

f:id:eigo_study_kanzen:20200201152706j:plain

最近は多読に多くの時間をかけています。読めば読むほど、英語のリズムで前からスーッと読んでいける感覚が掴めてきました。それは、リーディングだけでなく、リスニングにも良い効果がありそうです。これまでの合計総語数は、1,351,430語まで来ました。

My Humorous Worldシリーズ 3冊

LADDERシリーズ 新選組 レベル4

LADDERシリーズ カルロス・ゴーン レベル4

LADDERシリーズ レオナルド・ダ・ヴィンチ レベル4

LADDERシリーズ 坊っちゃん レベル4

LADDERシリーズ ビートルズ・ストーリー レベル4

Heart of a Samurai

 

・オンライン英会話Bizmates

先日、ブログでも記事にしたようにオンライン英会話を始めて、1月は7回レッスンを受けました。2月は29日ありますが、10日ほどレッスンを受けられそうにない日があるので、目標15回受講にします。

f:id:eigo_study_kanzen:20200201153202j:plain

eigo-study-kanzen.hatenablog.com

 

【2月の学習予定】

Ankiでのボキャビル、音読パッケージ、多読、オンライン英会話の4本柱で引き続き、学習を進めていきます。

 

【頑張りを継続するための今月の名言】

「やってられないよ」と思った時、「でも俺、頑張っているよな」とつぶやいてみてください。「頑張っている私って、結構いいな」と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか?(松岡修造)

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ

↑ポチっとしていただけると、うれしいです。↑

オンライン英会話レッスン Bizmates(ビズメイツ)を受け始めました

 

f:id:eigo_study_kanzen:20200129205950j:plain

オンライン英会話のBizmates(ビズメイツ)を選んだ理由

2020年の目標の一つにも掲げていたとおり、一週間前の1月22日から、オンライン英会話レッスン Bizmatesを受け始めました。

 

かなり前から「英語を話せるようになる」という目標達成のためには、英語を話す練習をたくさんしないといけない、それにはオンライン英会話が一番コスパ的にもいいんじゃないかと思っていました。

しかし、オンライン英会話にチャレンジするにしても、まずは英会話レッスンを受ける前に英語の基礎力をつけてからにしようと考え、「TOEICで800点取れたらチャレンジしよう」と決めていました。

そして、2019年12月のTOEICで800点をやっとこさ超えることができ、「時は来た」ということで、オンライン英会話を始めることにしました。

 

「オンライン英会話を受けよう!」と思い立ったはいいものの、どのオンライン英会話にしよう?と思った時に、大変参考にさせていただいたのが、下記のわんわんさんの記事です。

 「社会人で時間も限られるため、レッスンには量より質を求めたい」という理由で私はBizmatesを選びました。無料体験レッスンを受けた時に、すごく感触が良かったので、割りとすんなりと決めました。

wanwanenglish.com

オンライン英会話を始める時に準備したもの

オンライン英会話を受け始めるにあたって、私が用意した道具はヘッドマイク(5,083円)とWEBカメラ(2,380円)です。オンライン英会話を受ける際に、マイクやカメラ等の不具合が起こって、しっかりとレッスンが受けられなくなること、そういった心配をしなくて済むように最も安価なものではなく安心できそうなものを選びました。 

私は古いパソコンを使っているのでマイクとカメラを購入しましたが、パソコン内蔵のものがある場合は、特に購入する必要はないかと思います。

BUFFALO 200万画素WEBカメラ 広角120°マイク内蔵 ブラック BSW505MBK

BUFFALO 200万画素WEBカメラ 広角120°マイク内蔵 ブラック BSW505MBK

  • 発売日: 2019/10/26
  • メディア: Personal Computers
 

実際に受けてみて

 一週間前の1月22日から今日まで7回レッスンを実際に受けてみての感想としては、「100回、200回とこのレッスンを受ければ、難しい会話ではなく、簡単な日常英会話程度であれば話せるようになるだろう」という感触は掴めました。

また、オンライン英会話を受け始めるタイミングについて、個人的には良いタイミングだったと思ってます。オンライン英会話では、講師から英語で指示があって、質問に英語で答えたり、 英語で短くプレゼンをしたりします。ですので、講師の英語の指示を聞き取ることができることがまず最初のスタートラインとなります。とりあえず現状、そこの部分は何とかクリアできており、TOEIC対策のためにリスニングの特訓してきて良かったなあと感じてます。

今後も毎日1レッスン(25分)必ず受けるように頑張っていきたいと思います!

 

関連記事

eigo-study-kanzen.hatenablog.com

  

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ

↑ポチっとしていただけると、うれしいです。↑